読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jubo的学習記録

日々自分の技量のなさに悩みながら這いつくばって頑張っているエンジニアが勉強・学習したことの記録です。

sbtで「hello world」

今回の内容はこちらのチュートリアルsbt Reference Manual — Hello, World)です。

とりあえず、sbtのインストールが完了したので、
下記コマンドを実行して練習用ディレクトリ(今回はpractice_scalaにしてます)とプロジェクトを作成。
(このコマンドの内容とかにつてはいずれ調べたい…)

mkdir practice_scala
cd practice_scala

sbt new sbt/scala-seed.g8

何だか「[info] [SUCCESSFUL ]・・・」の文字が大量に出力されます。
しばらく待ちます。

name [My Something Project]:

プロジェクト名を求められたので「hello」と入力したら完了です。


確認すると「hello」ディレクトリができてたので移動してアプリ実行。

ls
> hello target

cd hello
sbt

また何か動き始めた…(;・∀・)
入力を求められたので「run」と入力。

> [info] Running example.Hello
> hello
> [success]…

と出たので完了のようです!


。。。あれ?まだコード書いてない。。。